ホーム >> 矢・シャフト

竹矢・シャフト Arrow

KC麦粒カーボン

業界初!“麦粒”タイプのカーボンシャフト日本で唯一、小山矢のみで製造しています。
近的矢としても高いパフォーマンスが発揮できる。

信頼と実績のKCカーボンから新タイプが40年ぶりに新発売!異なる炭素繊維材料と積層パターンによって麦粒形状を形成し、高い減衰性の特性を保ちつつ、一文字や杉成シャフトとは違う矢飛びの冴えと伸びを実現しました! 一度麦粒を使いだすと、麦粒以外には戻れなくなると言われるほどの伸びの良さが魅力です。

KC麦粒カーボン
【麦粒(むぎつぶ)】とは

高い減衰性と矢飛びの伸びの良さを誇る麦粒は、最も負荷のかかる袖すり部分(中心近く)を太くして、両端を細くする形状です。江戸時代に行われていた三十三間堂の通し矢では、遠くに正確に飛ばすために、この麦粒の矢の技術が構築されたと言われています。※諸説あり

麦粒の形状

矢尻の装着し易さと、重心を考慮して、900mmからストレートな形状になっています。筈は専用のエンプラ筈があります。
矢尻は「KC 麦粒 7518」は既存の「19 用」、「KC 麦粒 8023」は既存の「20用」が装着できます。

その他のシャフトの形状 三十三間堂の通し矢。66間(122m)を射通すのに麦粒が使用されたと言われています。

京都の三十三間堂で行われている「三十三間堂の通し矢」は、古くは江戸時代から続く伝統行事であり、元々は麦粒型の矢が用いられていたと言われています。
通し矢は、三十三間堂の西側の縁の南端から北端までの66間(約122メートル)、縁幅約2メートル、天井までの高さが約 5メートルの制限された空間を左右上下いずれにも触れずに射通す競技です。現代では毎年1月に成人を迎えた男女の弓道有段者や称号者が、60メートル の距離から大的に向かって弓を引いて、腕を競う冬の風物詩となっています。

麦粒シャフト使用者の声

想像以上の矢勢
伸びが他のカーボンシャフト、アルミシャフトとは全く違う。面白い。2組目の矢としてぜひ選んでほしい。軽く感じる人は、インサート(重り)を入れてもいいと思う。(10代男性)

矢勢があっていい飛びをする。
矢勢があっていい飛びをする。遠的だけでなく、近的でも中級以上の方にオススメしたい。(30代男性)

アーチェリーでは的中がよい形とされている。
矢勢があり、初心者では手こずるのではないか?ある程度の経験者であれば、非常に良い伸びで気持ちよくなると思う。アーチェリーでは的中のよい形とされていると聞いているが納得できる。(20代男性)

近的にも使える麦粒。的中も矢勢も兼ね備えた矢を。

アーチェリーにおいて、麦粒【樽型】の的中が良いとされている一方で、和弓の場合、アルミシャフト・カーボンシャフトで麦粒のものがないのが現状でした。 矢師の私自身も、竹箆で麦粒の矢を作ることは滅多にありません。試作の中で、杉成の角度を強くしたり、麦粒の重心を変えてみたりして、矢勢が良かったものをピックアップしました。 その後、「剛性(箆張り)」と「重量」のパターンを変え、近的にも高いパフォーマンスを発揮できる今回の形状に辿り着きました。 気が付くと最初の試作矢から 2 年以上の歳月が経っていました。ぜひ、一度手に取ってご覧いただければと思います。

小山矢代表
KC麦粒カーボンの特長

1.他のカーボンシャフトやアルミシャフトとは違った伸びの良さがある。
2.非常に矢勢があるので、使いこなせば最高のシャフトとなる。

KC麦粒カーボンの特長
種類 重さ 直径 推奨用途
KC麦粒7518 18g 筈側7.0mm 袖すり部分7.4mm 女性向き
KC麦粒8023 23g 筈側7.0mm 袖すり部分7.9mm 男性向き

KCカーボンシャフト

日本唯一。矢師が作り出したカーボンシャフト 振動の減衰が早く、矢いろのでない安定した飛び。 (図)振動半減時間の比較 Y軸は振動の幅、X軸は矢を離してからの経過時間 KCカーボンシャフトが矢離れしてから直ぐ振動を吸収してます。 ■KCカーボンシャフト t2 - t1 = 1.2秒 t3 - t2 = 1.2秒 ■アルミ矢 t2 - t1 = 5.2秒 t3 - t2 = 6.8秒 シャフト画像

弓道界初登場のカーボンシャフトを1975年に東レと共同で開発。竹矢を永年培った経験と技が生み出した代物。強度に優れ、曲がりが少ないことは勿論、振動の減衰が早く、矢いろのでない安定した飛び。近年では他社もカーボンシャフトを開発していますが、カーボンと言えばKC。矢飛びが違います!
矢師が作り出したカーボンシャフトはKCカーボンが唯一。

種類 重さ 直径 推奨用途
KC-6517 17g 6.5mm 遠的
KC-6518 18g 6.5mm 遠的
KC-7521 21g 7.5mm 女性向き
KC-7522 22g 7.5mm 女性向き
KC-7523 23g 7.5mm 女性向き
KC-8024 24g 8.0mm 男性向き
KC-8025 25g 8.0mm 男性向き
KC-8026 26g 8.0mm 男性向き

箆(の)

角箆

画像をクリックすると拡大表示されます。

竹は自然の産物となります。小山矢の竹矢は、その素材を生かしつつ、を人工的に直線にする代々伝わる技術を今日まで生かしています。

種類 希望小売価格
角箆 相談
さわし箆 相談
上箆 一手 20,000円(税抜)
白箆 一手 20,000円(税抜)
節影箆 一手 20,000円(税抜)

※矧ぎ賃は左記の値段には含まれていません。

箆のイメージ画像

アルミシャフト

  • 黒

  • 茶

  • グレー

    グレー

  • シルバー

    シルバー

  • こげ茶

    こげ茶

  • オリーブ

    オリーブ

  • オリーブ

  • レッド

    レッド

  • 藤

  • バンブー(竹模様)

    バンブー(竹模様)

※EARSTON社製

アルミシャフトの規格
種類 重さ 直径 推奨用途
1814 22.0g 7.15mm 遠的
1913 21.3g 7.5mm 女性向き
1914 23.7g 7.5mm 男性向き
2014 24.4g 8.0mm 男性向き
2015 25.6g 8.0mm 男性向き
矢の箆張りと重量の対照表

エンプラ筈

エンプラ筈 図 エンプラ筈 写真

ガラス繊維を混入することにより最強の耐衝撃性を実現。
筈こぼれしないスムーズな弦離れを可能にしました。
射手の要求と矢師のこだわりが生み出したスタンダードな弓道用筈。

精密矢尻

ステンレス矢尻

ステンレス矢尻

白メッキ矢尻

白メッキ矢尻

麻などをかませずにスムーズに装着できることが最大の特徴。ステンレス矢尻はさびにくいです。